静岡で注文住宅・リノベーションができる工務店を探すポータルサイト「いえすたいる」

by TANOKURA

2020.06.15

あこがれの平屋住宅 そのメリットとデメリットとは

平屋の白い家のイメージ
おしゃれな家かわいい家コンパクトシンプルモダンリビング・収納・アイデア二世帯住宅和風地震に強い家家づくりの豆知識家のメンテナンス家の構造について平屋の家木造構造災害に対する防災育児・子育て自然素材間取り

最近は平屋住宅の需要が高く、2階建てにはない良さや、平屋ならではの自由さやデザイン性などが注目されています。
このコラムを参考に、価値観や居住人数、世帯によって、平屋・2階建てのどちらが合っているかをイメージして頂ければと思います。

平屋住宅の6つのメリット

メリット-1 構造的に安定しやすい

平屋住宅は、2階建てに比べると住宅自体が軽く、重心が低いという特徴があります。

大きな地震や台風などの災害があった場合、揺れや風に対して影響を受けにくく、また避難もしやすいです。

耐震補強についても、構造的に2階建てより費用が掛かりません。

災害の多い日本において、平屋住宅は安心して暮らすことができるかと思います。

 

 

メリット-2 コミュニケーションがとりやすい

会話がはずむ家族のイメージ

平屋住宅の場合すべての部屋が同じフロアにあるため、2階建てと比べて声や目が行き届き、コミュニケーションがとりやすくなります。
リビングを広くとり、対面式キッチンや子供の学習スペースを設けることによって、より家族の会話が弾むと思います。

メリット-3 階段がない分、空間が広く使える

2階建ての場合、階段下に天井の低いスペースができます。

収納場所として活用することも多いですが、平屋住宅の場合はそもそも階段のスペース自体不要なので、その分他の部屋や収納に充てることができます。

メリット-4 高さと奥行きがあり、広く感じる

平屋住宅は、天井の高さが自由に設定しやすいので、2階建ての1階部分と同じ床面積で比べた場合、天井を高くした分解放感が得られます。

また、すべての部屋が1階にあるため床面積が広く、奥行きが出来る事で広く感じられます。

メリット-5 掃除やメンテナンスが楽に

住宅は建てた後の維持管理や掃除が必要です。平屋住宅は2階建てに比べて掃除がしやすいと言われています。階段の掃除や2階の窓の掃除が無いだけで労力にとても差が生まれます。

また、住宅の修繕やメンテナンスの場合も、外壁周りに足場を設置する費用を安く抑えることができます。

将来的に長く無理なく暮らしていけるのではないかと思います。

メリット-6 将来の老後の生活にも優しい

バリアフリー住宅のイメージ

平屋住宅は階段がないので、足腰の弱った老後の怪我のリスクを減らせます。
敷地に余裕があれば、各部屋やお手洗いや浴室、廊下なども広く余裕をもたせ、老後も安心して長く生活することができます。

平屋住宅の6つのデメリットと対策

デメリット-1 家の奥のほうまで日光が入りづらくなる

陽当たりの悪い部屋のイメージ

デメリット-1でもお伝えしているように、2階建て住宅で仮定した分の部屋数・床面積を1階のみで実現させるため、家の中心部の日当たりが悪くなるといえます。

平屋住宅につきもののデメリットですが、いくつかの解決策があります。
ご参考にしてください。


・天窓(屋根部分に設けた窓)を設置し、日中でも光が入るようにする。
・勾配天井にして高窓を設置し、奥まで光が入るようにする。
・住宅中心部に窓に囲まれた中庭を設け、光が入るようにする。

天窓については、次の記事にて詳しく説明をしています。是非ご覧下さい。

 . $thumbnail_alt1 .

天窓(トップライト) ~メリット、デメリット4選~

壁面からではなく、天井から光の差し込む天窓(トップライト)。どのような特色があり、注意点があるのかについて、お伝えいたします!

デメリット-2 坪単価が高くなってしまう

2階建て住宅と同じ部屋数を平屋住宅であてはめた際、1階で要するはずの基礎工事費用が1,2階の床面積分かかるため、坪単価は上がってしまいます。

屋根工事範囲も同様に上がるため、費用がかかってしまうといえます。

固定資産税については、おおよそ1万円前後と、2階建て住宅とそこまで差がないようです。

しかしながら、耐震補強・メンテナンスの費用を考えると、必ずしも平屋のほうがお金がかかるとも言えないようです。

デメリット-3 間取りによっては、プライベートの確保がしづらくなる

「平屋住宅ではコミュニケーションが取りやすい」と初めのほうでお伝えしましたが、言い換えると「プライベートの確保が難しくなる」という意味となります。

 

住まわれる方の世代や家族構成、将来の住まい方などによって、平屋が良いかどうかが分かれてきます。

また、間取りによってプライバシーの確保がしやすくなることもあるため、しっかり考える必要があります。

 

デメリット-4 広い土地が必要

2階建て住宅を1階のみで実現させるようなもののため、2階建てより必然的に広い土地が必要になります。

静岡県内は、東京などに比べて比較的広い土地を取得しやすいため、平屋が向いているエリアといえます。

 

デメリット-5 1階のみのため、周りから見えやすい

窓にうつる隣の家のイメージ

2階がなく1階のみで生活することになるため、周りの視線も気になるほか、周りからも見えやすいというデメリットがあります。

解決策の一例をご紹介します。
・周りから見えづらくなるよう、窓の高さや配置を検討
・目隠しフェンスや生け垣などを広い窓周辺に配置する

道路や隣地の間に敷地を広く取るなども、周りの視線対策には効果的に思われます。

デメリット-6 1階のみのため、間取りや動線も良く考える必要がある

家事動線のイメージ

2階建て住宅の場合、1階と2階である程度部屋の機能が分かれており、動線もわかりやすいものです。
しかし、平屋住宅ではワンフロアでリビングから浴室、収納等一通り入っているため、暮らしやすいように間取りや動線を考えていく必要があります。

住んでから後悔することのないよう、平屋住宅では間取りや動線を意識してプランニングしていかなくてはなりません。
部屋ごとに機能や性格は異なります。機能ごとに部屋を分類して位置を決めていくことが重要といえます(ゾーニングといいます)。

まとめ 平屋住宅と2階建て住宅 どちらにすれば良い?

おしゃれな平屋住宅のイメージ

この記事では、平屋住宅と2階建て住宅を比較しながら、メリットやデメリットをまとめてみました。
一概にどちらが良いとはいえず、暮らし方や住まわれる方の価値観や世代、将来計画、家族構成などによるでしょう。
将来の住んでみたい家をイメージされつつ、ご自身が大切にしている価値観を踏まえた住宅の設計に、この記事がお役に立てれば幸いです。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

のぶりんのイメージ

いえすたいる編集部

のぶりん

鉄道旅行大好きの「のぶりん」です。 普段は、住宅の設計や省エネに関する業務に携わっています。 素敵な「いえすたいる」に出会って頂けるよう、お気持ち込めて、役立つコラムを書いてまいります!

関連の家づくり・暮らしコラム

静岡県で注文住宅を建てたい方へ