静岡で注文住宅・リノベーションができる工務店を探すポータルサイト「いえすたいる」

by TANOKURA

2019.12.20

天窓(トップライト) ~メリット、デメリット4選~

天窓のイメージ
インテリア・家具おしゃれな家ランニングコスト家づくりの豆知識家のメンテナンス家の構造について省エネルギー住宅間取り

壁面からではなく、天井から光の差し込む天窓(トップライト)。どのような特色があり、注意点があるのかについて、お伝えいたします!

天窓(トップライト)とはどういうもの?

天窓(トップライト) = 屋根や天井に設けられる窓 です

天窓のイメージ

屋根や天井に設けるタイプの窓を天窓と呼びます。

一般的な壁にある窓とは異なり、日差しが差し込む、換気が良い、眺めが良い等のメリットがあります。
一方、屋根や天井に設けることでの、掃除のしづらさや雨漏りといったデメリットも存在します。

どうせなら、メリットを最大限にし、デメリットを最小限にしたいものです。
次章以降では、その要点をわかりやすく説明していきます。

天窓(トップライト) ~メリット4選~

メリットその1 壁窓の4倍の風通しを活かして、換気と夏の快適性を向上

天窓は、家の「上部」に設けられます。
壁にある窓は、風の流れによって換気の役割をしますが、天窓は少し異なります。

空気は暖かくなると膨張し、密度が小さくなるため相対的に軽くなり、上に上がります。
逆に冷たい空気は下がるため、天窓を開けることで熱を屋外へ逃がすことが出来るのです。

風通し(通気性)についても、壁窓の4倍ほどのため、短い時間で効率よく換気もできるため、快適性も上がるといえます。

メリットその2 家の中が明るくなり、心身に良い影響があります

健康のイメージ

天窓は家の上部に設けられるため、カーテン等で覆わない限り、日差しがたくさん入ってきます。
採光量は、壁窓の3倍といわれます。小さい天窓でも、家の中を明るくすることが出来ます。

太陽光が、浴びすぎなければメリットがたくさんあります。
朝起きてすぐ太陽光を浴びることは、体内時計や自律神経にも良い影響をもたらし、心身の健康にも良いです。
明るさが取れないところなどに天窓を設けることで、効果的に明るくすることが出来ます。

メリットその3 光熱費(ランニングコスト)を減らすことが出来る

ランニングコストのイメージ

開閉ができる天窓を設けた場合、効果的に日差しを入れたり、換気することができたりします。
夏場は、家の上部にこもった熱を逃がし、冬場は日差しを多く入れて温めることで、冷暖房の使用を減らすことが出来ます。

メリットその4 壁窓のように、周りを気にしないで景色を楽しめる

普通の壁窓の場合は、周りの景色も見える分、周りからも家の中が見えることになりますが、天窓は上側を向いているため、その心配が不要です。
昼間は空や雲が見えますし、夜間は星空がみられるため、周りを気にしないで、贅沢な時間を楽しめます。

天窓(トップライト) ~デメリット4選~

デメリットその1 夏場に日差しが強く入る

天窓設置方位のイメージ

夏場は日差しが強いため、家の中にその日差しが注ぐことになります。
したがって、その対策も必要となってきます。

北面の屋根に天窓を設置することで、日差しを少し軽減させることができます。
また、天窓用の遮光ブラインドなども日差し軽減に効果があるようです。

天窓のガラス自体も、断熱・遮熱ガラスが存在するため、日差し軽減に効果的な遮熱ガラスを選ぶことも良いでしょう。

デメリットその2 雨漏りが起こりやすい傾向がある

壁窓と違い、家の上部に設けられるため、経年劣化などによる雨漏りが起きやすい傾向にあります。
施工事業者・工務店を選ぶ際は、技術に評判が良いことはもちろん、サポート体制がしっかりしていて、信頼できて安心して頼めるところを優先に置くと良いでしょう。

デメリットその3 掃除やメンテナンスがしづらい

天窓は、家の上部に設置されることもあり、掃除やメンテナンスが難しいとされています。
天窓だけがずっと綺麗、ということもなく、汚れは時間が経てば目立つものです。
はしごなどで掃除するとなると危険性もあり、容易に出来ないこともあるため、専門の業者へ依頼しての掃除・メンテナンスとなります。

汚れづらいガラスなども、選択肢の中の1つに入れておくと良いでしょう。

デメリットその4 雨の音が気になってしまう

雨に濡れる窓のイメージ

天窓は空に面している以上、雨がダイレクトに窓に当たり、音が気になることもあるでしょう。
リビングや寝室、子ども部屋といった、過ごす時間の多い居室では雨音が気になることがあるため、小屋裏や洗面脱衣室などに設置することも良いかもしれません。収納部屋が明るくできることも、大きなメリットといえるでしょう。

まとめ

天窓(トップライト)について、メリット・デメリットを丁寧にお伝えしてきました。
普通の壁窓との違いがいくつか見られ、よりよく活用するためのヒントについても、感じ取って頂けたかなと思います。
今後は、天窓の種類や設置費用等もお伝えできればと考えています。

のぶりんのイメージ

いえすたいる編集部

のぶりん

鉄道旅行大好きの「のぶりん」です。 普段は、住宅の設計や省エネに関する業務に携わっています。 素敵な「いえすたいる」に出会って頂けるよう、お気持ち込めて、役立つコラムを書いてまいります!

関連の家づくり・暮らしコラム

静岡県で注文住宅を建てたい方へ