静岡で注文住宅・リノベーションができる工務店を探すポータルサイト「いえすたいる」

by TANOKURA

2020.10.28

新築で失敗しない収納アイデア Vol.2 ~造作収納「ウォークインクローゼット」~

ウォークインクローゼット
インテリア・家具おしゃれな家かっこいい家かわいい家リビング・収納・アイデアリフォーム・リノベーション二世帯住宅家づくりの豆知識家のメンテナンス家の構造について平屋の家楽しい暮らし育児・子育て間取り

造作収納とは、家を建てるときやリノベーションするときに、間取りや収納の目的に合わせてつくられた造りつけの収納スペースのことです。
TVボードやリビング収納、本棚、クローゼット、キッチンの背面収納など、自分が使いやすいようにしたい、置き家具でなかなか好みのものが見つからない、という方におすすめの造作収納。
今回は注文住宅ならではの造作収納スペース、ウォークインクローゼットについてご紹介いたします。

ウォークインクローゼットとは

ウォークインクローゼット

今、家を建てるときの収納計画で、必ずといっていいほど名前があがるのがウォークインクローゼットです。ウォークインクローゼットとは、その名のとおり、人が歩いて入れるほどのスペースがある収納部屋のことです。衣類はもちろんのこと、帽子やバッグ、ネクタイ、アクセサリーなどの服飾雑貨もまとめて収納できますし、スペースに余裕があればスーツケースなどの大きな荷物を収納したり、その場で着替えたりすることも可能になります。

タイプとしては、Ⅰ型(片側一列)、Ⅱ型(並列)、L型、コの字型の他に、ウォークインクローゼット内を通り抜けられるように2方向に出入り口がついているウォークスルー型とさまざま。
家族構成やライフタイルに合ったタイプを選びましょう。
収納力が高く、管理がしやすいウォークインクローゼットですが、注意しなければいけないポイントもあります。

ウォークインクローゼットのメリット

ウォークインクローゼットのメリットとしてまずあげられるのは、何といってもその収納力でしょう。
洋服をかけられるハンガーパイプのほか、棚は収納するものによって調節ができる可動棚を取り入れておくといいでしょう。
設置する位置にもよりますが、ハンガーパイプの下に衣装ケースやチェストを設置し、たたんだ衣類はそこに収納するといいかもしれません。
季節外の衣類も収納できれば衣替えの必要もなくなりますし、アイロンやアイロン台も収納しておけば、その場でアイロンがけもでき、とても便利です。
造作収納なので間取りに合ったサイズで設計され、また家全体の雰囲気が統一されることで、見た目もすっきりします。
新しい置き家具を選んだり、購入する手間も省けるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ハンガーパイプ

ハンガーパイプと棚をうまく活用

引き出し

可動棚で自由にレイアウト

ウォークインクローゼットのデメリット

ウォークインクローゼットは収納スペースのほかに、人が歩き回れるスペースが必要となりますので、その分生活スペースが狭くなる可能性があります。
あまり荷物をつめ込みすぎると、ただの物置になってしまいかねないので、うまく機能させるために自分なりのルールを決めておくといいでしょう。
また造作収納は、住み始めてからスペースを広げたり、撤去したりが難しくなるため、どんなものを収納するのか、どのようなレイアウトにするのかなど、後悔しないように細かな部分までしっかりと考えておいた方がよさそうです。

ウォークインクローゼットをよりよく活用するために

まず広さですが、「だいたいこれくらいあればいいかな」と適当に決めてしまうのは危険です。夫婦で使うのか、家族で使うのか、何を収納したいのかなど、あらかじめ決めておくことが大切です。
細かいことですが、使うハンガーのタイプやサイズによっては、収納できるスペースが変わってきますので注意が必要です。
クローゼット内で着替えをするのであれば、鏡があると便利でしょう。服をコーディネートするときや、帰宅後すぐに仕舞い込みたくないコートなどを一時的に掛けておくハンギングバーもあると、ベッドや椅子に置きっぱなしということもなくなるかもしれませんね。
クローゼットに扉をつける場合は、湿気・カビ対策のために換気扇や空気清浄機、また小さくてもいいので窓を設置することをおすすめします。
電化製品を使用する可能性もありますので、クローゼット内にコンセントがあると何かと便利です。

桂wic

窓やコンセントがあると便利

クローゼット鏡

コーディネートするときにかかせない鏡

まとめ

造作収納シリーズ第一弾として、ウォークインクローゼットについてご紹介いたしました。
まずは何を収納するのかリストアップしておいた方がよさそうです。
収納したいものの量によっては、スペースが狭すぎると荷物をぎゅうぎゅうにつめ込んでしまったり、逆にあまり広すぎてもスペースに余裕があるからと必要のない物を買ってしまったり、という危険性がありますので、日ごろから整理整頓を心がけることが必要です。
毎日使う空間なので、すっきりとした収納はどこに何があるかわかりやすいですし、快適に使えると思います。
ベストな選択ができるように、ウォークインクローゼットのある生活を、ぜひシミュレーションしてみてくださいね。

 . $thumbnail_alt1 .

静岡県で建てた「おしゃれで使いやすいウォークインクローゼットがある建築事例」5選

衣類はもちろんのこと、帽子やバッグ、ネクタイ、アクセサリーなどの服飾雑貨をまとめて収納できるウォークインクローゼット。 まるで『服屋さん』のような雰囲気、造作棚で自由にアレンジできるなど、今回は「お…

その他の収納アイデアについてのコラムもご覧ください。

 . $thumbnail_alt1 .

新築で失敗しない収納アイデア Vol.1 ~収納上手な家づくり~

新築で家を建てるのであれば、できるだけ多くの収納スペースが欲しい!と思われる方が多いと思います。 ただ面積を広くするのではなく、用途に応じた収納、生活スタイルに合った収納など、後悔しない収納スペース…
 . $thumbnail_alt1 .

新築で失敗しない収納アイデア Vol.3 ~造作収納「ニッチ」~

「ニッチ」という言葉をご存知でしょうか。ニッチとは「すき間」という意味で、住宅でいうところの壁の一部をへこませてつくる棚のことです。 飾り棚として使用されることが多いのですが、使い方によってはちょっ…

いえすたいる編集部

もうりす

食べること、歌うことが大好きウーマンです。 美味しいものを求めて、お休みの日はいろいろなところへ出かけています。 皆様の家づくりの参考になるような情報を発信していけたらと思っています。

関連の家づくり・暮らしコラム

静岡県で注文住宅を建てたい方へ