静岡で注文住宅・リノベーションができる工務店を探すポータルサイト「いえすたいる」

by TANOKURA

2020.10.21

憧れの吹き抜けのある家 ~メリットとデメリット~

吹き抜けのある家
インテリア・家具おしゃれな家お金・住宅ローンかっこいい家ランニングコストリビング・収納・アイデアリフォーム・リノベーション家づくりの豆知識家のメンテナンス家の構造について木造構造楽しい暮らし水まわり(キッチン・浴室・洗面)育児・子育て間取り高気密・高断熱

吹き抜けとは、複数階に渡って上下がつながっている空間のことです。おもに玄関や階段、リビングに設けられています。
吹き抜けがあると明るく、開放的でおしゃれな空間をつくることができますが、注意すべきところもあります。
今回は吹き抜けを設ける際のメリットやデメリットについてご紹介いたします。

吹き抜けのメリット

開放感があり部屋を広く見せられる

石牧吹き抜け

吹き抜けがあるメリットは、なんといっても開放感を得られることではないでしょうか。欧米と比べると、すべての部屋を壁で区切られ天井が低い日本家屋は、狭く圧迫感があるイメージです。
そこで玄関やリビングを吹き抜けにすることによって、1階2階の上下がつながり、開放的で広々とした空間をつくり出すことができます。

日差しが入り部屋が明るくなる

吹き抜けに窓を設けると、そこから太陽の光がふり注ぎ、部屋全体が明るくなります。太陽が低くなる冬でも、2階部分から光が入るので明るさを確保することができます。
夜は照明が必要になりますが、昼間は照明とはまた違った優しい明るさを取り入れることができるでしょう。

吹き抜け1

開放的で広々とした空間

吹き抜け6

2階部分の窓から入る日差しで明るさを確保

風通しがよく部屋の換気がしやすい

シーリングファン

立地や間取りにもよりますが、高いところと低いところにある窓を開けると、風が通り抜け、部屋全体の換気をすることがきます。窓の種類によって風の入り方、抜け方が違ってきますので、そこは工務店などの建築のプロに相談してみてください。
また、天井にシーリングファンを設けると、風や空気を循環でき、より快適に過ごせるでしょう。

吹き抜けのデメリット

2階のスペースが減る

吹き抜けを設けると、単純に2階のスペースが減ってしまいます。2階の部屋や収納スペースを削ることになりますので、家族が多い場合の部屋数や家全体などのバランスを考える必要があります。

掃除やメンテナンスが大変になる

吹き抜け4

吹き抜けの高い部分に窓がある場合、掃除が大変になります。また、照明や壁紙を交換する際に足場が必要になったり、専門の業者に頼むことになり、費用がかかってしまう可能性があります。
掃除やメンテナンスのことも考慮したほうがいいでしょう。

冷暖房の効果を得るまでに時間がかかる

エアコン

吹き抜けがあると空間が広くなるため、冬は部屋が暖まりにくく、寒いのでは?と心配される方もいらっしゃると思います。エアコンから出た暖かい空気は上部にたまってしまいますので、シーリングファンを設置して対流をうながすようにしましょう。
また、気密性や断熱性を高める構造にする、全館空調にする、床暖房を設置するなど、工務店や設計士などのアドバイスを受けながら進めてくださいね。

まとめ

花みずき吹き抜け

吹き抜けを設けることで得るメリットと、注意しなければいけないデメリットをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
吹き抜けのある家はとても魅力がありますが、住んでから「失敗した」と後悔しないためにも、しっかりと理解しておく必要があります。
間取りや構造、コストのことなど、「いえすたいる」の工務店にぜひご相談ください。

いえすたいる編集部

もうりす

食べること、歌うことが大好きウーマンです。 美味しいものを求めて、お休みの日はいろいろなところへ出かけています。 皆様の家づくりの参考になるような情報を発信していけたらと思っています。

関連の家づくり・暮らしコラム

静岡県で注文住宅を建てたい方へ